事業承継に悩んでいるなら専門家に委託しよう

オーナーから後継者へ

握手

上手に継承するためには

会社のオーナーが、自分のオーナーとしての地位や株式、その他の資産等を後継者に託すことを事業承継といいます。日本全国の中小企業の数は、およそ430万社です。そのうち、年間におよそ30万社が転廃業を行い、その中のおよそ7万社が後継者がいないなどの理由で事業承継が出来ずにいます。事業継承が成功して、100年以上にわたり事業が継続している企業は、日本に数万社もあります。ちなみに200年以上継続している企業は3100社以上存在します。ただし、事業承継を先延ばししても、時間を浪費するだけです。反対に、業界のマイナス基調を活用して、株価の安いタイミングを狙い、税制面でのアイデアも期待できるのです。事業承継を上手く推進するためには、事業承継の計画表を作成することからスタートすると効果的です。計画表には、オーナーの夢などを、詳細な形にして記入していきます。そして継承者と綿密に話し合い、今度の目標や課題を共有することが大切です。継承者が決まり、お互いの考えが共有できたら、経営継承円滑化法を利用して、事業承継を実施していきます。これは、国がつくった事業承継のための支援策です。オーナーが生存している間に確認申請をする必要があります。経営承継法を構成するのは、民法の特例と金融支援、納税猶予の3つです。納税額の多さを悩んでいたり、専門家の支援を受けたい場合、この経営承継法を活用することで、継承者へスムーズに移行することをサポートしてくれます。

クレジットカード

ネットショップの決済に

ネットショップでは、クレジット決済ができないと顧客を増やすことができません。ただ、クレジットカード会社と個別に契約していては、作業が煩雑になるばかりです。クレジットカード決済代行に依頼すれば、複数のクレジットカードの利用が可能になりますし、セキュリティチェックもしてくれます。

硬貨と貯金箱

少ない元手で始める場合

事務所を借りずに、自宅での開業を選択したり、助成金や融資等を活用することで、行政書士として低資金で開業が可能になります。融資は、新規開業や女性、若者、シニア、廃業歴のある人などが対象となるシステムです。

宅配

新規顧客を獲得

高齢化社会の進展や自宅に届けてほしいという需要増により、宅配サービスの利用が増えている。これらのサービスを始める場合には、宅配コンサルタントの活用が良い。持っているノウハウなどをそのまま活用することで、効果的に始められる。